直ちに修理すること|鍵の紛失でパニックにならない|鍵開け業者は24時間対応できる
錠前とカギと家

鍵の紛失でパニックにならない|鍵開け業者は24時間対応できる

直ちに修理すること

ドア

依頼する際の注意点

マンションやアパートではお馴染みのドアノブですが、毎日何度も何度も使用するものですから、ある日突然修理が必要となる可能性は十分にあります。特に、住宅を守る玄関のドアノブがスムーズに回転しないケースは、防犯上も望ましいものではありません。また、このような状態を放置しておくと、開閉ができなくなる可能性も十分にありますから、専門家にドアノブ修理を依頼することをおすすめします。なお、ドアノブ修理を依頼する場合には、工務店や鍵の修理業者に頼むのが一般的となります。依頼する際には、ドアノブのメーカーや状態について説明をしておくと、業者もスムーズに作業を進めることができます。症状がひどい場合には、ドアノブ修理ではなく、交換が必要となるケースもありますから、交換にも対応できる業者を選択することが望ましいと言えます。

簡単な作業で直る場合も

ドアノブ修理は、基本的にはプロの業者に任せることをおすすめしますが、回転にちょっとした違和感がある程度ならば、ご自身で対処することも可能です。このような場合は、まず、ドアノブを上下左右から力を加減しながら手のひらで叩いてみることを試してみると良いでしょう。ドアノブの不具合は、長年の使用によって、取り付けの中心点がずれてしまうことが原因であることも少なくありません。手のひらで叩いて調整し、中心点が取れることによって、スムーズな回転を取り戻せる可能性があります。また、ドアノブと丸座の間に、潤滑油を注入してみたり、緩んでいるネジをしっかりと締めることで症状が改善される場合もあります。これらのような簡単な作業は、専門業者を呼ぶまでもなく、ご自身で解決することができます。このように、ドアノブ修理は業者に依頼するケースとご自身で修理できるケースがありますが、防犯の観点から素早い対処が必要です。「これは無理だな」と感じた場合には、ただちに工務店や鍵の修理業者に相談し、修理を依頼しましょう。