防犯対策とカメラ|鍵の紛失でパニックにならない|鍵開け業者は24時間対応できる
錠前とカギと家

鍵の紛失でパニックにならない|鍵開け業者は24時間対応できる

防犯対策とカメラ

防犯カメラ

設置におけるポイント

防犯対策として、最近では防犯カメラを設置する家庭も増えており一般的に利用されるものになってきている。防犯カメラを設置し、防犯対策を行う為にまず必要となるのが、適切な設置である。業者に設置してもらえば問題はないが、コストを削減するため個人で設置するケースもある。そのような場合には、配線への配慮が必要である。正しい配線を行わないと雨などに濡れることで機材が壊れてしまったり、動作しないケースに陥ってしまう。また、侵入者などに壊されたり取り外されることの無いようにする必要もある。設置場所が不適切であったり、固定が弱いとこのような事態に陥りやすいため、設置場所もポイントになる。その他、設置する角度なども確認すると良い。

高画質で長時間撮れるもの

防犯カメラを性能面で考えた場合、長時間にわたり高画質で録画できることが最重要な要素になる。防犯カメラは、万一の事態が発生した場合にはその録画画像を解析し、犯人特定などに繋げることができる。この際、録画画質があまりにも悪い場合、映っている人物などが特定出来ないことがある。また、長時間録画できることも必要である。防犯カメラは、基本的には24時間365日稼働させるものである。その間、記録し続ける必要がある。一定容量を超えると上書きで録画を行っていくか、この録画期間が短すぎる場合には過去の出来事を遡ることができなくなってしまう。このような点から、最近利用されている防犯カメラでは高画質で長時間録画できるものが多くなってる。