対策をしっかりとしておく|鍵の紛失でパニックにならない|鍵開け業者は24時間対応できる
錠前とカギと家

鍵の紛失でパニックにならない|鍵開け業者は24時間対応できる

対策をしっかりとしておく

鍵

入りにくい環境にする

住宅への侵入窃盗は、減少傾向にあるものの、全国で毎日100件以上の被害が発生しています。同様に不正な鍵開けによる被害も減少していますが、それを理由に防犯対策をしないのは危険です。以前、ピッキングによる空き巣被害が急増したことで、ピッキングに強い鍵としてディンプルキーが普及しました。しかし、未だに古いタイプの鍵は利用されています。そのような古いタイプの鍵では、手馴れた空き巣犯なら2分もかからず鍵を開けしてしまいます。それとは逆に、侵入に5分以上かかる場合には、空き巣犯の7割が諦めるというデータもあります。空き巣犯は、下見をして入りやすい家を探します。そのため補助キーが見えるだけでも、鍵開けの手間が2倍となるのが分かり、抑止効果となります。さらに玄関などが通りから見えれば、人目が気になるので侵入は難しいと判断します。このように、不正な鍵開けには、作業しにくい環境にしておくことが重要です。

様々な状況に備える

不正な鍵開けでは、ピッキングだけでなく、サムターン回しも多いです。こちらは数百円で販売されているカバーを取り付けるだけで、手軽に対策ができますので試してみましょう。住居への侵入は、ピッキングやサムターン回しだけではなく、合鍵が使用される場合もあります。賃貸住宅などでは、以前の住人から鍵が変わっていないこともあります。そのような場合には、大家や管理人の許可を得て、鍵を交換したほうが安全です。また植木鉢の下に合鍵を置くようなことも、危険ですので止めましょう。不正な鍵開けは、住人が不在の時だけ発生するものではありません。夜間などの就寝中に、侵入してくる可能性もあります。そのような事態に備えて、ディンプルキーやサムターンカバーなどに加え、ドアや窓が開いたら、大音量のアラームが鳴るセンサーなどを取り付けておくのも有効です。